旅人教師@アジ亜太郎

道があるなら陸路で行こう。 ~貧乏人の一人旅~

MENU

旅 ~インド~

1990年代インド12 一人旅 ~当時のパリカバザール~

2月22日(土) パリカバザールには、この日初めて来た。 コンノートプレイスの地下にある、マーケットだ。 ここは、エアコンが完備されていて、外の暑さをしのぐにはありがたい場所だ。 インドで、エアコンがついている所は、この時代ほとんどなかった。 …

1990年代インド11 一人旅 ~パリカバザールでカメラを購入~

1997年 2月22日(土) インドの夜は黄色い。 日本の夜の電飾は、赤や青や黄色や白、緑、オレンジなど、色とりどりだ。 電飾の色の数が多く、夜の景色は華やかに見える。 高いところから、町を見下ろすといわゆる「夜景」は、宝石でもちりばめたように…

1990年代インド10 一人旅 ~デリーのツーリストキャンプ内にて~

2001年に閉鎖したツーリストキャンプ インドに来てから、「国営」と聞くと、なんだか安心する。 その言葉をうまいこと使ってくるインド人も多いが。 はたして、ツーリストキャンプ内は、おだやかな場所だった。 フェイスブックを見ると、2001年に閉鎖してし…

1990年代インド9 一人旅 ~インド庶民の暮らし~

インドの庶民の暮らしなのだろうか? 小さいし、物がほとんどない。 不思議な空間だ。 「Take photo!」 電話屋がある。 「さぁ、食え。」 カレー以上に旨かった。 インドの耳かき屋ムビーン(仮名)の家 首都デリーとゆうこともあって、そんなに大きい邸宅を…

1990年代インド8 一人旅 ~インドの耳かき屋の家に行った~

無償の優しさってのもあるんだろう。 思ったよりハイテンションの耳かき屋。 また、なんだか泣けてきた。涙が出てくる。 インド人の家に来たのはもちろん初めてだ。 「メニイヤクザピーポー」が鼻につく、パキスタン人を残し、 俺はコンノートプレイスに入っ…

1990年代インド7 一人旅 ~しつこい インドの客引き~

2月21日(金) 朝9時、カニシタホテルをチェックアウトした。 ホテルから出ると、柴田くんとはすぐに別れた。 ポストオフィス インド人の猛攻撃 インド人の決め台詞 ええ奴か悪い奴かわからん。 こいつのおかげで助かった。 いい奴じゃねーか。 「ここが、ア…

1990年代インド6 一人旅 ~デリー・カルカッタ間 自転車の旅~

~壮大な冒険心~ 安心して一泊できる所の確保。 「デリーからカルカッタまで自転車で行こうと思う。」 そんな男たちは、大きく二つにわかれる。 「おーい!サイクルマン!」 「おまえさあ、英語もできないのに何で外国に来たの?」 ムビーンに会えそうなの…

1990年代インド5 一人旅 ~インドで、初めて優しいインド人と会う~

2月20日(木) インド二日目。 昨日の夜のお疲れの一件も、日が昇ると薄れ、目の前にインドの現実が迫ってくる。 夜は、宮原くんと二人でいろんな興奮を語っていた。 辞書紛失!?ホテルのインド人に頼ると。 するとそいつは、知り合いだ、と言う。 誰に…

1990年代インド4 一人旅 ~くつがえる、遠慮の美徳~

値切る文化 「大豪邸や…。」 タクシーのメーターはぶっ壊れていて動いていない。 コンノートプレイスってどこなんや?ほんまにこの道でおーてるんか? 「ちょちょちょ…。」 「おまえたち、デリーの町は今は危ない。」 はよ、宿探そ。 トイレはあるが、便座が…

1990年代インド3 一人旅 ~インディラガンディー空港~

10時間前にいた、のんびり雰囲気の関空。きれいでくつろぎある空間の国際線ロビー。 その余韻も消えぬ、今。 俺は予想もしていなかったが、インディラガンディー空港はすべてが違った。 ぬわんじゃこりゃ~~! 外からフェンスにしがみつき、到着した飛行…

1990年代インド2 一人旅 ~初めてのフライト 初めての海外 初めてのインド~

2月19日(水) あまり眠れずに朝を迎えた火曜日。 こまやんとしそのりに、車で関空まで送ってもらった。3年前に開港した空港。 もちろん来たのは初めてだ。 二人も、うわさの「関空」に行きたい気持ちもあって、見送りしてくれたのだろうか。きれいな空…

1990年代インド 一人旅 ~一人旅の初心者 インドを目指す~

明日からインドかー。恩師からの助言。1997年2月18日 夜9時ころから、そうちゃん(野村先生:仮名)とその嫁はんがインドについていろいろ教えてくれた。 そうちゃんは高校時代の先生。やさしいナイスガイで、いろいろなものをくれた。 俺は明日、イ…

Copyright©2019 AsiAtaro.Allright Reserved.